ティンマシンスペーサー会社概要プレスリリースお問合せリンク採用情報
 

ちかぞうロジック

いたずら好きの「ちかぞう」は、動かすと不幸があると言い伝えられる宝玉を思いっきり動かしてしまう。その途端目の前がぐるぐる回って、気がついたら自分の姿がなんだかヘン。どうやら宝玉を動かしたためにめちゃくちゃになってしまったらしい。ちかぞうは、世界を戻すために宝玉を正しい台座の上に置いていかなくてはならないのです。がんばれちかぞう!

 

各ステージにある全ての宝玉(パワークリスタル)を同色の台座(パワーポイント)に納めるアクションパズルゲームです。ステージ内の全てのパワークリスタルを同色の台座にのせればステージクリアです。敵に触れると1ミスとなり、3回ミスするとゲームオーバーです。
ハイスコアが出たらランキングボードに登録することもできます。ステージごとに登録できますので、色々なステージで挑戦してみましょう。

ターゲットシューター

銀河を二分する程の長く大きな戦いが終結を迎え、星々は平和を取り戻していった。しかし、星から一歩離れると、元兵士や犯罪者達が、海賊となって暴虐の限りを尽くし、銀河連邦警察だけの手には負えない状況であった。見かねた連邦は犯罪者対策として、「バウンティーハンター(賞金稼ぎ)」を始めた…。本格ガンシューティング登場!

 

各モードのスタート時に表示される指令に従って、ターゲットを撃ち、指令を遂行するシューティングゲームです。次々と現れるターゲットを撃ちます。起き上がり途中のターゲットをヒットすると通常より高得点を取得できます。ペナルティターゲットを誤って撃ってしまうと、ライフがひとつ減ったり、ゲームオーバーになります。見事指令を遂行するか、全てのライフが無くなるとゲーム終了です。

ここまひ

賽の河原

UMAの楽園、南海ノウエー諸島でサメに追われた宇宙海洋生物学者のジェームスが泳ぎ着いた場所は、何故かあの世とこの世の境界と言われる「賽の河原」だった…。ジェームス大活躍のシュールアクションゲーム第二弾!

 

敵に捕まらないよう、どれだけ多くの石を積み上げられるかを競うゲームです。 時おり現れる敵が積み上げた石を崩しにきます。各石積み場には最大5個まで石が詰め、より高く積むと高得点となります。敵に捕まるとゲームオーバーです。
自分の得点をランキングボードに登録して、他のプレイヤーたちと競い合うことも可能です。

じょーずにスイミング

宇宙海洋生物学者のジェームスは、この星の海洋生物調査のためにやってきていた。久しぶりの休日。南国の日差しを浴びながらのんびりと海面に漂うだけで、日頃の疲れも癒されていく。この時、これから彼の身に降りかかる悲劇を予想することは誰にも出来なかったであろう。シュールアクションゲームの決定版!

 

主人公キャラクターの『ジェームス』を操作して近づいてきたサメに食べられないように泳いで逃げ切るゲームです。サメが近づいてきたら表示されたゲージと同じ方向のキーをタイミングよく押して、速度を落とさないように泳ぎましょう。サメに食べられるとゲームオーバーです。練習用の浅瀬モードと、エンドレスの沖合いモードがあります。また、ランキング登録をすることも可能です。

飛べ!ちかぞう

広大な海原。その先には果てしなく続く水平線…。ちかぞうは断崖絶壁に立つとふと思った。
「せっかくだから、飛びますか…」
何も見えない、何が待つのかも分からない水平線に向かって飛び出した。頑張れ!ちかぞう!でも、キミって本当に何者なの?

 

ボタンとレバーでキャラクター「ちかぞう」を操作して飛んでくる障害物に触れないように指先に全神経を集中してどこまでも遠くへ飛び続けるゲームです。 障害物に触れたり、海中に落下するとゲームオーバーです。無敵になったり、障害物を壊したりなどの様々なアイテムも出現します。自分のスコアはランキングボードに登録することもできます。

南海ばーにん

この物語は、人類に残されたフロンティア「未知」を開拓する事に命をかけた一人の漢(おとこ)とそれに巻き込まれてしまった人々の物語である。未確認生物(UMA)ハンターの誇りにかけて、南海洋に出現するUMAを確保する。それが男のロマンなのだ!

 

プレイヤーは、未確認生物(UMA)ハンターとして南海洋に出現するUMAを釣り上げることが目的となります。海面上の魚影にターゲットをあわせ、ショットを撃ち込み未確認生物UMAを捕獲します。 撃ち込み後はパワーゲージをタイミング良く押し、UMAのヒットポイントを減らして釣り上げればゲームクリア。捕獲船の燃料が切れるとゲームオーバーです。
捕獲したUMAはUMA辞典に登録され、いつでも見ることができます。また、釣り上げたUMAのサイズを競うランキングモードもあります。

金澤尚子

 

 

株式会社ティンマシン / TinMachine,inc. (c)TinMachine,inc. All rights reserved.